Top subscription boxes – right to your door, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. capacities high tensile bolt M10 - M27 Max. Check off your home improvement tasks with eBay.com. Combo Kit (2.0Ah), Black(Renewed). Drive Impact Wrench Kit (2.0Ah), Makita XT268T 18V LXT Lithium-Ion Brushless Cordless 2-Pc. The TW140DZ weighs only 1.2kg with a 4.0Ah battery, and delivers high power and high speed in an ultra-compact design for driving and fastening applications, with a convenient … Combo Kit (2.0Ah), Makita BTW253Z 18-Volt LXT Lithium-Ion Cordless 3/8-Inch Impact Wrench (Tool Only, No Battery) (Discontinued by Manufacturer). Find great deals on eBay for makita impact 3 8 and makita 3/8 impact 18v. Combo Kit (1.5Ah), Makita RW01Z 12V max CXT Lithium-Ion Cordless 3/8" / 1/4" Sq. 18V(3.0Ah) 充電時間 約60分 スマートフォン充電可能 充電式ラジオ付テレビ TV100・充電式LEDワークライト ML807・バッテリBL1830B(3.0Ah)充電器DC18SD・ツールバッグ付 You’re seeing this ad based on the product’s relevance to your search query. この記事は、「インパクトドライバーと言えばマキタだけど、種類が多くてどれを選べば良いのかわからない・・・。」「現場で他の職人が使っているマキタインパクトが良さそうなんだけど、他の機種と比べて性能はどうなんだろう・・・。」、「40Vと18V、10.8Vの違いは?」という方向けの内容になっています。, 国内最大手電動工具メーカーであるマキタは、豊富なラインナップが特徴です。特に最も主力の電動工具であるインパクトドライバーは、2020年2月現在で22機種(在庫僅少品・色違いを除く)と数多くの機種が販売されており、どの機種を選べば良いのか迷ってしまう方も多いと思います。, そこで今回は、マキタのインパクトドライバーを様々な角度から比較検討していきます。また、用途別のおすすめ機種もご紹介します。最後までご覧いただければ、あなたにとって最適なインパクトドライバーがきっと見つかりますよ。, 2020年6月現在のラインナップを表にまとめてみました。パソコンの場合は、表の下部のスクロールバーで左右のスライドができます。スマートフォン・タブレットの場合は、スワイプでスライドできます。, マキタのインパクトドライバーを選ぶ上で、まず見るべきポイントはバッテリーの電圧です。この電圧によって、大体のパワーや軽さ、互換性が見えてきます。7.2Vから36Vまで様々な電圧のバッテリーがありますが、「18V機に14.4Vバッテリー」、「36V機に18Vバッテリー」などといった異なる電圧のバッテリーは取り付けできません。一方で、同じ電圧であれば、容量(Ah)が違っても他の工具に使い回すことができます。, バッテリーの電圧ごとにパワー・軽さ・互換性・価格を大まかに数値化したものが下の表になります。数値が高いほど良いということになりますので、参考にしてみてください。, 2019年10月に登場したばかりの、新バッテリーシステムです。現時点では25機種がラインナップされています。出たばかりなのでまだ使い回せる機種は多くありませんが、今後ラインナップの拡充が期待されます。, 36V(40V MAX)バッテリーの高い電圧を生かしたパワフルさが特徴で、連続での高負荷作業が得意です。36V(40V MAX)バッテリーにはBL4025(2.5Ah)とBL4040(4.0Ah)の2種類があります。BL4025の場合は18V換算5.0Ahとなるので、18V6.0Ah機と比べると、1充電あたりの作業時間は短くなります。BL4040の場合は18V換算8.0Ahとなり、18V6.0Ah機よりも作業時間は長くなります。, 36V(40V MAX)バッテリーの特筆すべき点は、バッテリー単体での防じん防水等級IP56に対応している点です(工具本体に取り付けた場合には、工具本体の保護等級に準じます)。また、従来のバッテリーと比べて耐衝撃性も約40%アップしています。, 36V(40V MAX)バッテリーに対応する充電器は、DC40RAのみとなっています。18V用のDC18RF・DC18REなどでは、物理コネクタの形状そのものが異なるので充電することはできません。, TD001Gは、220N.mの高トルク、ビット振れ低減機構、楽らく6モード、防じん防水保護等級IP56(本体・バッテリー)、などマキタ最強の名にふさわしいインパクトドライバーとなっています。, マキタリチウムイオンバッテリーの中で最大のラインナップ数を誇るのが18Vバッテリーシステムです。ラインナップ数は283機種(18Vバッテリーを2個使う36Vシリーズも含む)と圧倒的です。18Vバッテリーを持っているだけで、283機種で取り回しが効くというのは大きなメリットになります。, 18Vインパクトドライバーの中で一番のおすすめは、なんと言ってもフラグシップモデルのTD171Dになります。180N.mの十分なトルク、ビット振れ低減機構、楽らく4モード、防塵防滴、ブラシレスモーター、モードメモリー機能など、フラグシップの名にふさわしい高スペック機となっています。, 「TD171Dほどのパワーはいらないんだけど、18Vバッテリーのラインナップは魅力的だから安めの18Vインパクトはないの?」というあなたに最適なチョイスが、ミドルクラスのTD155Dになります。フラグシップ機譲りの楽らくモードや、ブラシレスモーター、防塵防滴、打撃力切り替えなどを備えたマキタらしい機種です。, なら、ベーシックモデルのTD149DやライトモデルのTD146Dはどうなの?ということになりますが、TD149Dはブラシレスモーター・打撃力切り替え・楽らくモードが非搭載という点に加えて重量は1.5kgとフラグシップのTD171Dと変わりません。, TD146Dも同様にブラシレスモーター・打撃力切り替え・楽らくモードが非搭載です。重量は1.2kgと軽くなっていますが、これは付属バッテリーにBL1815Nという低容量(1.5Ah)バッテリーを採用しているためで、本体のみの重さはTD149Dと同等と思われます。, 価格で見ても、TD155DとTD149Dの差は1,500円程度しかないため、差額以上の機能が手に入るTD155Dのほうが良いでしょう。, TD146Dであれば5,000円程度の差になりますが、ほとんどの機能が省かれています。使い勝手を考えると、どうしても価格を抑えたいという方や、とことん軽さを追求したいという方以外はやはりTD155Dをおすすめします。, TD146Dは本体のみでの販売がなく、フルセットでしか購入できません。初めての18V機にTD146Dを選択して、今後18V機を増やしていくという場合に、1.5Ahという低容量バッテリーでは満足に使えないということが予想されます。, すでに18Vバッテリーは持っているので、単体で購入したいという場合には、TD155D一択です。, 18Vの登場でその地位から退きましたが、一昔前までは電動工具の主力を担っていました。18Vの普及に伴って徐々に数を減らしつつあり、新機種の投入も年々減ってきています。, 数が減ってきているとは言っても、ラインナップ数は137機種と、競合するHiKOKIの18Vとマルチボルト36Vを足した数より多くなっています。, 18Vバッテリーと比べて軽量で持ったときのバランスも良好なため、今でも一定のニーズがあります。, 18Vと比べてパワーが劣るため、卓上/スライド丸のこ、油圧パンチャーや鉄筋カッターといった一部の主要電動工具のラインナップはありません。これらの工具が必要な場合には、18Vを選びましょう。, 14.4Vインパクトドライバーの中で一番のおすすめは、なんと言ってもフラグシップモデルのTD161Dになります。175N.mの十分なトルク、ビット振れ低減機構、楽らく4モード、防塵防滴、ブラシレスモーター、モードメモリー機能など、フラグシップの名にふさわしい高スペック機となっています。, 18VのフラグシップモデルTD171Dの兄弟モデルのため、基本的な機能はTD171Dと同等になります。トルク・回転数・打撃数・重量・1充電あたりの作業量に若干の違いがあります。, 一昔前の10.8Vは、パワーもそこまで高くなく連続作業時間も短かったため、プロ向けというよりはDIY向けという位置づけでした。しかし、バッテリーの性能アップやより進化した設計により、現在の10.8V、特にスライド式の10.8Vは、14.4Vや一部の18Vに肩を並べるまでになって来ています。, そのため、パワーよりもバランスを求めるユーザーや軽さを求めるユーザーに特に人気となっています。また、プロのサブ機としてのニーズも高まってきています。, こういった状況から、現在各電動工具メーカーが18Vの次に力を入れているのがこのスライド式10.8Vになります。マキタも例外ではなく、ラインナップ数は100機種と、14.4Vに迫る数となっています。特に、2018年10月~2020年2月の間には20機以上の新機種が投入されており、マキタの力の入れ具合が分かりますね。, 10.8V(スライド式)インパクトドライバーの中で一番のおすすめは、なんと言ってもフラグシップモデルのTD111Dになります。135N.mの十分なトルク、楽らくモード、ブラシレスモーターなど、必要な機能をしっかりと搭載しながら、重量は1.1kg(1.5Ahバッテリーなら0.97kg)に抑えたハイスペック機になっています。, ちなみにこのTD111Dは、18VのミドルモデルTD155Dとほぼ同じと言っていいほどのスペックになっています。スペック上での違いは、TD111Dの方がトルクが5N.m低い点と、重量が0.3kg軽い点、防塵防滴が無い点くらいしかありません。, 10.8Vで使いたい工具がすべて使えるのであれば、TD155DよりはこちらのTD111Dの方が、使い勝手が良さそうです。, 差込式の10.8Vです。差込式はバッテリーをグリップ内部に搭載できるので、スライド式と比べてよりコンパクトで軽量になっています。, 一方で、構造上バッテリーの容量を増やすことができず、バッテリーも1.3Ahのものしか無いため、連続作業時間はスライド式に劣ります。また、パワーもスライド式より控えめになっています。バッテリーの充電時間が50分と長め(10.8V/1.5Ahスライド式バッテリーは22分)な点も注意が必要です。, 7.2Vのペン型インパクトドライバー以外で極力軽いインパクトドライバーが欲しいユーザーや、プロの方のサブ機としてのニーズがあります。, ここまで見ていただいたように、10.8V差込式のラインナップ数は29機種になります。一方、10.8Vスライド式のラインナップ数は93機種となっており、互換性と言う点では大きく水をあけられているのが現状です。また、10.8Vスライド式は4.0Ahという大容量バッテリーにも対応しています。, サブ機として軽いインパクトドライバーがほしい方や、DIYなどでインパクトドライバーだけをちょこっと使いをする方、10.8V差込式のラインナップの範囲で使いたい工具が揃う方には良い選択肢になるでしょう。, 差込式の7.2Vです。10.8Vの差込式と比べよりバッテリーがよりスリムになっています。ラインナップはかなり少なくなりますが、ペン型インパクトドライバーやペン型ドリルドライバーといった特徴的な機種があります。, DIY専用の18Vバッテリーシステムです。プロ向けの18Vバッテリーや充電器との互換性はありません。バッテリーも1.3Ah・1.5Ahと低容量になっています。, また、下の表を見ていただいたら一目瞭然ですが、バッテリーを使い回せる機種も全くと言っていいほどありません・・・。更に、18VのDIYシリーズはバッテリー・充電器込のフルセットでの販売しか無い(本体のみの販売がない)ため、バッテリーを使い回せるというメリットもほぼありません。, DIY用の18Vインパクトドライバーを買うよりもプロ向けの10.8Vシリーズを選んだほうが幸せになれるでしょう。インパクトドライバー以外の工具を買う気は一切無いというのであれば、価格の安さだけはトップクラスです。, マキタのDIYモデルは、18V・14.4V共にDIY専用バッテリーを採用しており、プロ用のバッテリーや充電器との互換性がありません。そのため、最大でも1.5Ahまでの容量に限られます。一方で、HiKOKI(旧 日立工機)のDIYモデルは、プロ用と共通のバッテリーを採用しているので、3.0Ahや6.0Ahといった大容量バッテリーも使うことができます。, 入門機としてDIYモデルを買ったあとに、プロ向けの機種にステップアップしやすいのはHiKOKIといえますね。, DIY専用の14.4Vバッテリーシステムです。プロ向けの14.4Vバッテリーや充電器との互換性はありません。, DIY専用18Vと比べると、ラインナップは多めになってます。本体のみでの販売がある機種もあるため、バッテリーを使い回せるというメリットも生きてきます。ただし、バッテリーの容量は最大でも1.5Ahと低容量なので、長時間の作業や重作業には向いていません。やはり、性能よりもとことん価格を下げたいという方向けと言えるでしょう。, 価格を考えてDIY用を選ぶのであれば、18Vよりはこちらの14.4Vの方をおすすめします。, ここでは、マキタのインパクトドライバーでよく使われる用語について解説していきます。, 一般的な直流モーターには、モーターを回転させるためにカーボンブラシという部品が内蔵されています。このカーボンブラシはモーターの回転による摩擦ですり減っていくので、一定時間使用したあとは交換する必要があります。また、摩擦によるノイズなども発生します。, 一方、ブラシレスモーターは、文字通りブラシがレス(無い)な新しいモーターになります。そのためカーボンブラシを交換する必要もなく、メンテナンスフリーなモーターです。更に、余分な摩擦がないのでモーターの効率を上げることができ、発熱も抑えることができます。摩擦による余計なノイズも発生しません。モーターのサイズも、ブラシ付きモーターよりもコンパクトになります。, 単純に、ブラシレスモーター搭載機は、ブラシレスモーター非搭載機と比べて性能が良いと覚えてしまっても大丈夫です。, その電動工具に、防塵防滴性能があるかという目安です。マキタでは、ADVANCED PROTECTION TECHNOLOGYの頭文字を取ってAPTと呼ばれています。このAPTは以下の3つの特徴で構成されています。, これにより、突然の雨や現場での砂埃といった環境から本体を保護しています。ただし、水没などには対応しきれないので、過信は禁物です。, マキタ独自の機能で、プロが行うような繊細なトリガーコントロールを、機械が自動的に行なってくれるモードを搭載しています。初心者の方はもちろん、何より効率を重視するプロの方まで人気の機能になっています。, 主に上位機種に搭載されており、機種によって木材モードのみのタイプや、ボルトモード・テクスモードもあるタイプなど細かい違いがあります。, ダブルボールベアリングの採用により、ビットのブレを低減しています。ブレが少なくなることで、カムアウト(ビットがネジの溝から外れてしまうこと)を少なくすることができます。, インパクトドライバーの打撃数や回転数を、強・中・弱などに切り替えて使うことができます。カタログスペックの最大トルクや回転数・打撃数を発揮するのは、最速・強といった一番上の打撃モード時のみになります。, 小さなネジを締め付けるときには弱モードなどにしておくことで、トリガーを思いっきり握ってしまっても回転数・打撃数が抑えられ、ネジや部材の破損を抑えることができます。, インパクトドライバーとドリルドライバー・振動ドリルドライバーをミックスした工具です。最大性能ではそれぞれの専用機にはかないませんが、1機で3機の役目をこなすことができるマルチタイプになります。, 「高所作業などで持っていく工具はなるべく減らしたい」、「家庭でのDIYに使いたいけどなるべく買う工具は減らしたい」という場合に最適です。, 一般的なインパクトドライバーは、打撃時に建設現場の近くを通るだけで分かるほどの大きな騒音が発生します。これは構造上どうしても発生してしまう音ですが、どうしても騒音に配慮しなければならない現場もあり、静かなインパクトドライバーのニーズも一定程度存在します。ソフトインパクトドライバーは別名静音インパクトドライバーとも呼ばれており、その名の通り静音性を特に重視したインパクトドライバーです。, 静音性を追求した一方で、トルクはかなり抑えめになっており、最大で40N.mとなっています。見た目は普通のインパクトドライバーと変わらないのでついついハードに使ってしまいがちですが、無理な使用は故障の原因になります。パワーは普通のインパクトドライバーの1/5程度だということを意識して使うようにしてください。, 最近のインパクトドライバーのヘッド長(全長)は、TD171D/TD161Dで116mm、TD001Gで120mmとかなりコンパクトになってきています。しかし、それでも入らないような場所のネジ締めをする必要がある場合もあります。, そういった場合に活躍するのが、アングルインパクトドライバーです。最大トルクは60N.mになっていますが、ヘッド部分をL型に曲げることでよりコンパクトになっています。, アングルインパクトドライバーと同様に狭い場所での作業に向いています。また、トルクが25N.mと控えめになっているので、「配電盤での配線作業などで締め付けすぎないので良い」と電設業者から人気を集めています。, おまたせしました。それでは、おすすめのマキタインパクトドライバーです。電圧の部分でも少し触れてはいますが、用途別にまとめてご紹介していきます。, 何よりもパワーを求めるあなたに最適な一台。従来の18V機と比べて、金物ビスの締付けスピードが約15%アップ。高負荷時の連続作業量は2倍以上になり、気温40℃の炎天下でも落ちない作業量を実現。新・ワンタッチビット装着機構で、スムーズな装着感を維持しながら保持力向上。軸受け部のダブルボールベアリングも引き続き採用し、ビットの振れを大幅に低減。楽らくモードは6パターンの多彩なモード切替に対応し、さらに使いやすく。本体に加えて、ケースもIP65に対応。, 40VMAXシリーズの登場で、TD001Gにマキタ最大トルクの座は譲ったものの、最大クラスのパワーは健在。軸受け部にダブルボールベアリングを採用し、ビットの揺れを大幅に低減するとともに、締め付け時のコジれにも強い耐久性を実現。楽らくモードは、4パターンの多彩なモード切替に対応し、より多くの作業をアシスト。モードメモリー機能により、直前まで使用していたモードと登録したモードを手元ボタンでサッと切り替えられる。, マキタ最軽量インパクトドライバー。全長227mm(折り曲げ時)/282mm(ストレート時)、質量0.55kg(バッテリー含む)の小型・軽量スリムボディ。携帯性に優れ狭い場所でも楽に作業が行える。手回しドライバとしても使用できるので追い締めに便利。配電盤などの狭い場所で作業を行う電設業者さんに最適。, 小型・軽量ながら90N.mと充実のパワーでプロのサブ機などに最適な一台。グリップ内部にバッテリーを配置することで、高さを抑えたデザインを実現。ベルトに装着できるホルスタを標準付属。, ≫TD090DWXとラジオ・ライト・アルミケースがセットになったバリューパック CK1002SP, トルク・機能・重量・サイズが高いバランスでまとまったインパクトドライバーで、プロのサブ機などに最適な一台。フルセットでは4.0Ahと1.5Ahのバッテリー構成があり、作業量重視か軽さ重視かを選択できる。打撃力切替に加えて、打撃開始までは低速回転し、打撃開始後に自動で最高速まで変速することで、長ネジを締め始める際に起きやすいネジ倒れや、ビット外れなどの現象を軽減する楽らくモードで快適な作業を実現。軽量なため、上向き作業などの疲労の軽減にも効果的。, TD111Dの18V版とも言えるスペック構成のバランス型インパクトドライバー。こちらは防じん防滴も搭載し、よりハードな使用にも対応。打撃力切替に加えて、打撃開始までは低速回転し、打撃開始後に自動で最高速まで変速することで、長ネジを締め始める際に起きやすいネジ倒れや、ビット外れなどの現象を軽減する楽らくモードで快適な作業を実現。「TD171Dほどのパワーは要らないけど、ラインナップを考えると18Vバッテリー機が欲しい」という方にも最適。, バッテリーの互換性、バッテリーを他の機種にも使い回すことを第一に考えた場合、やはり18Vは外せません。18Vシリーズであれば、全245モデルでバッテリーの使いまわしができ、まさにマキタの充電工具の真骨頂と言えるでしょう、, 「TD171Dほどのパワーは要らないけど、ラインナップを考えると18Vバッテリー機が欲しい」という方は、上でも紹介したTD155Dがおすすめです。, 金属打撃音を極力抑え、油圧によって回転トルクを増幅させるため、トルク発生時の不快な音を大幅に低減。反力が小さく、手が振られにくいので、カムアウト低減にもつながる。ボルト・テクス用モード付で、締付けに最適な回転数・打撃数にコントロールし、ネジ・ボルトの頭飛びを低減。, 静音性は高まりますが、通常のインパクトドライバーと比べて価格も高くなり、最大トルクはかなり下がる点にはご注意ください。建築でよく使われる小ねじに関しては、フラグシップのTD171Dと同様にM8まで、コーススレッドも125mmまで対応しています。, インパクト・振動ドリル・ドリル・ネジ締めの4モードを搭載。ネジ・ボルトの強力・高速締付け、コンクリートの下穴あけ、小径の鉄工穴あけ、各種木工穴あけ、デリケートな小径ネジの締め付けなど様々な作業に対応。ネジ締めモードでは、ドリルドライバーと同様にクラッチ1~9段+高速/低速で18段階のトルク設定が可能。, それぞれの各モードでの性能は、各専用機のフラグシップと比べると低くなります。また、防じん防滴構造になっていない点にも注意が必要です。, とにかくインパクトドライバーを低価格で手に入れたいという方に最適です。LEDライト・ブレーキなどDIY用ながら必要最低限の機能は搭載しています。, A 「36Vのインパクトドライバーに18Vのバッテリー」や「18Vのインパクトドライバーに14.4Vバッテリー」といったように、電圧が違う組み合わせでは取り付けることができません。インパクトドライバー本体とバッテリーは必ず同じ電圧で使用してください。, A6.0Ahや1.5Ahというのはバッテリーの容量を表しています。スマートフォンやモバイルバッテリーなどの、2,000mAhや10,000mAhといった表記と同じ意味になります。この容量が多いほど、1回の充電で使える時間や作業量が長くなります。単純計算で、6.0Ahバッテリーと1.5Ahバッテリーでは、6.0Ahバッテリーの方が1.5Ahバッテリーよりも4倍長く作業ができるということになります。, A現行のインパクトドライバーは、同じ電圧であれば、Ah(容量)が違っても取付可能です。生産が終了している古い製品は、機種によって4.0Ah以上のバッテリーが使えないことがあります。, ここまでご覧いただき、ありがとうございました。マキタインパクトドライバーの選び方・用途別おすすめ機種を全シリーズ解説【2020年版】、いかがでしたでしょうか。皆さまの機種選びのお役に立てば幸いです。またご質問などもお待ちしております! お気軽にお問い合わせください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.
2020 makita 3/8 impact